このページの本文へ移動

「絵本の魅力をもう一度」

読み手:おはなしフレンズいたばしのみなさん