このページの本文へ移動

東板橋図書館×いたばしプロレスリング㈱ タッグ企画第2弾

キッズプロレス体験教室 

無事終了しました!

 

≪いたプロレスラーとふれあい、「あきらめない」心をはぐくむ≫

日 時:11月18日(日)14:00~15:00

場 所:東板橋図書館 3階視聴覚室

講 師:いたばしプロレスリング㈱所属レスラー4名

    はやて代表、鈴木心選手、中里哲也選手、まるこ選手

参加者:板橋区の小学生10名と保護者の方々12名

参加賞:展示図書のリスト:「あきらめない」がテーマの本

    いたプロレスラーのイラスト付き特製しおり4枚

    *いたプロより:試合のチラシ、キッズ運動教室のご案内


左から  中里哲也選手  まるこ選手  はやて選手  鈴木心選手

はやて選手のテーマ曲が流れ、選手入場!

図書館スタッフが選手の紹介をしたあと、

はやて選手とまるこ選手によるエキシビションが行われました。

試合の前後は、握手がマナーです。

まるこ選手が本気を出して、はやて選手に勝利!

さあ、いよいよ運動です。まずは準備体操。先生は中里選手です。

 

次はマット運動で小手調べ。前転と横転をやりました。

いよいよ技にチャレンジです。

はやて選手は技の名前の意味など、いろいろ教えてくれました。

はやて選手はメキシコで修行したのだそうです。

メキシコの人々はスペイン語を話します。だから技の名前もスペイン語。

なるほど! でね、ハポネサ(日本を意味します)って名前の技もあるんだって。

ぼく、はやて選手を投げちゃった?!

はやて選手:ワン、ツー、スリーの直前に!はじき返すんだ。

  小学生:うーん、大人は手ごわいなぁ

 

次は、いたプロ一番の力持ち、中里選手と押し相撲。


ひっひとりでは・・・ふっふたりでも・・・中里選手は強いなぁ。

全員で一緒に押すと、なんと選手はマットの「場外」へ!

(あまりの勢いに、写真はピンボケでした。)

 

初めは遠慮していた子供達が、だんだん積極性を増し、笑顔になり、

最後はお友達と協力しあって勝利をつかみました。

 

終わりに、はやて選手のお話を聞きました。

★力のある者は、優しくあるべき。弱い者いじめに技を使わない。

 そして、力は有効につかうこと。

★「あきらめない」で続けていれば、いつかきっとできる。

★一人では難しくても、みんなで協力すれば、大きな力になるんだ。

 だから仲間を大切にするんだよ。

 そんなはやて選手の思いに応えて、図書館では、

色々な「あきらめない」が書かれている本を展示しました。

リストも作ったので参考にして、たくさん本を読んでくださいね。       

記念撮影です。小学生レスラー軍団に拍手!

 

いたプロレスラーのみなさん、

本当にありがとうございました!! 

 

さて、タッグ企画第3弾は何かな?  乞うご期待!!